引っ越しのアレコレ

ウーマン

見積り額を安くしよう

引っ越しの見積もりを安くすることはとても簡単です。自分でやれる範囲で頑張れば、見積もり額より格安で引っ越しを行なうことができますよ。

READ MORE
ダンボール

業者を選ぶポイント

良い業者なのか悪い業者なのか判別がつかない時ありますよね。何を基準に引っ越し業者を探すべきなのか、はっきりと分かれば初めての業者選びもクリアできます。

READ MORE
電卓

見逃せない数々のプラン

荷物を運ぶだけではなくニーズに合わせた仕事をしてくれるのが現在に引っ越し業者の形です。どのようなプランがあるのか、引っ越しを検討中の方はチェックしましょう。

READ MORE
レディ

こんな悪徳業者に注意

日本全国に沢山ある引っ越し業者。優良業者もいますが悪いことを企んでいる業者もいます。引っかからないためにも悪徳業者の特徴をメモしておきましょう。

READ MORE

負担を減らして上手に引っ越し

引っ越しの時はいろいろとお金がかかって大変です。少しでも費用負担をなくすために、自分でやれることは率先して行ないましょう。そうすれば相場より下回る費用作業を依頼することができます。

見積り額を安くする裏技

とにかく荷物を減らす

積載量の多さで引っ越し費用が変わるので、自分で運べるものは一足先に新居で持ち込んだ方が料金を削減できます。例えば洋服や食器類の梱包と運び出しをお願いするだけで作業員の数を減らせます。

処分は自分で行なう

引っ越し業者でも不要品を処分するサービスを設けていますが、引っ越しついでにできてしまうため、別途でかかる費用も高くなりがちです。自分でリサイクル料を支払い処分することで見積もり額を減らすことができます。

買い取ってもらう

捨てるだけでもお金がかかってしまうため、使わなくなったものを買い取ってもらってもいいでしょう。受け取ったお金を引っ越し費用にまわせるので物も減り一石二鳥です。

作業員の数を交渉する

特殊な梱包をする時だけ引っ越し業者を使う場合と、依頼人の友人や家族、身内が手伝える時は作業員の数を減らして人件費を削ることができます。大体1万円ぐらいは安くなりますよ。

作業に必要なものを自分で用意

近年は段ボールやガムテープを無料で提供する業者も増えており、作業費にお金をかける必要がなくなりました。ですが、布団袋や梱包材においては別途でかかる可能性があるので、自分で用意をして作業費を浮かせる必要があります。

見積り額を安くしよう

ウーマン

高い時期

基本的に新スタートが始まる3、4月は繁忙期に当たるので引っ越し費用が高くなり、月の終わりごろも見積もり相場が高くなります。中でも土日祝日は、仕事の依頼が沢山入るので中々予約ができません。

安い時期

年が明けた1月、6月、7月は繁忙期ではないため、相場よりも安く引っ越しができます。曜日は火曜日か水道日が比較的安価で、作業開始を朝ではなく午後から開始するともっとお得になります。

一か月前に見積もりを取る

引っ越しの見積もりを取るタイミングとしては、一か月前が理想です。早ければ早いほど、その時に開催しているキャンペーンが使えるので、よりお得に利用することができます。退去予告と同時に引っ越し見積もりをすれば、スムーズに事が運びます。

繁忙期は誰よりも早く行動する

就職や進学が重なる時期にどうしても引っ越しをするなら皆が見積もりを取り出す前に依頼するのがポイントです。ただ家がまだ決まっていないという方もいますから、業者に予約の一報を入れておくだけでもしておきましょう。仮に決まっていなくても見積もりは出してくれます。

荷造りの期間を考慮する

引っ越し当日までに荷造りを終わらせる必要があるので、そこから計算すると適切なタイミングが見えてきます。例えば、二週間前から荷造りを開始するなら、引っ越しの見積もりはその前に行なうのが適切です。荷物の量が多い場合は一か月以上前から見積りをしておきましょう。

広告募集中