引っ越しのアレコレ

ウーマン

見積り額を安くしよう

引っ越しの見積もりを安くすることはとても簡単です。自分でやれる範囲で頑張れば、見積もり額より格安で引っ越しを行なうことができますよ。

READ MORE
ダンボール

業者を選ぶポイント

良い業者なのか悪い業者なのか判別がつかない時ありますよね。何を基準に引っ越し業者を探すべきなのか、はっきりと分かれば初めての業者選びもクリアできます。

READ MORE
電卓

見逃せない数々のプラン

荷物を運ぶだけではなくニーズに合わせた仕事をしてくれるのが現在に引っ越し業者の形です。どのようなプランがあるのか、引っ越しを検討中の方はチェックしましょう。

READ MORE
レディ

こんな悪徳業者に注意

日本全国に沢山ある引っ越し業者。優良業者もいますが悪いことを企んでいる業者もいます。引っかからないためにも悪徳業者の特徴をメモしておきましょう。

READ MORE

新着情報

見積りの交渉テク

とりあえずメールを出す

簡潔に「見積もりを安くしてほしい」とメールを出した方が先方も案外応じてくれます。何も言わずに値引きは不可能なので直で交渉するのが苦手な場合はメールに限ります。

他で取った見積書を出す

引っ越しの見積もりを取る時は一か所だけではなく数か所で取るのが基本です。その時にとった複数の見積書を提示し、「この値段より安くしてほしい」と交渉するとライバル社に顧客を取られたくないという思いから値引きしてくれます。

何度も交渉する

値引き交渉に向こうが応じなかった場合、しつこく交渉するのではなく2、3日後に改めて交渉のメールを送ります。ただこの時点では電話で交渉した方が成功率が上がります。

交渉が得意な人にお願いする

引いてもダメ、押してもダメなら家族の中に交渉が得意な人物にお願いしましょう。業者側に熱意が伝わりやすくなるので効果は絶大です。最後のひと押しになってもらうので交渉を開始してから2、3日後に登場させるのがポイントです。

リピーターになる

単発の依頼ではなく、次引っ越しをする時もこの業者を使うといった具合にアピールをすると、明確な値引き理由なので業者側も断りにくくなります。成功者が多いので交渉方法に持ってこいでしょう。

人気引っ越し業者の特徴

no.1

サービスの質が素晴らしい

引っ越し業務を長い間頑張ってきた業者は、信頼が厚くリピーターの数が非常に多いです。常にお客さんのことを第一に考えた仕事をするので、品質は業界でトップクラスです。近年は47都道府県すべてに営業所を構えており、リサイクル関連のサービスやお客さんの要望に応えようと日々努力しています。

no.2

作業が丁寧

割れやすい食器類やピアノ、動植物のお引越しは丁寧な仕事が売りの大手引っ越し業者に依頼をしましょう。丁寧さだけではなく、スピーディーに作業を終えられるよう、梱包法を変えているので時間内に終わらせたいという要望が叶います。

no.3

クリーニングをしてくれる

新居に運び込む前に、家具についた汚れをクリーニングしてくれるのは大変有難いです。作業員も、新居に入る時は未使用の靴に履き替えてくれるので部屋を汚す心配がありません。引っ越し終了後は、段ボールを無料で引き取ってくれるのでゴミも増えないでしょう。

no.4

テクニックがすごい

道が狭く、トラック一台がようやく停まれるところでの引っ越し作業は、プロの作業員でさえ慎重に行なわないと家具に傷をつける恐れがあります。しかし今までいくつもの引っ越しを経験してきた業者は、試行錯誤を繰り返し、時間をかけ丁寧に運び出してくれるので安心です。

no.5

家具を保管してくれる

新居がまだできていない時に重宝するのが、引っ越し業者が提供する家具の一時預かりサービスです。丁寧に保管をするので湿気やカビに侵される心配はありません。近年はエコ家電の貸し出しをする業者も登場し、サービス内容が多様化しています。

ステップを踏みながら行なう

家族

引っ越しの日にちを決めよう

日にちが決まっていないと引っ越しの正確な見積もりを出すことができないため、概算という形で計算すると若干高くなります。情報がはっきりしていれば、値引き交渉も楽勝なので日にちが決定してから見積もり依頼をしましょう。

荷物の量を調整する

見積もりを出す時はトラックの台数と作業員の数、作業時間に基づいて算出するのでトラックが大きくなったり作業員の数が増えたりすると料金も高くなります。見積もりをする時は運んでもらう荷物を事前に分けておきましょう。

申請が必要な荷物の確認

衣類や食器は、自分たちで運べるものなので申請は不要です。ただし、特殊な梱包と管理が必要な動植物やピアノ、骨董品と美術品は見積もりの時点で申請しなければなりません。

不用品の処分を考える

指定された荷物を運ぶだけではなく、引っ越しに合わせて不用品の処分を行なうこともできます。事前に予約が必要なので、見積もりと一緒に申し出てください。こちらは有料サービスなので別途でお金がかかってきます。

広告募集中